pzdr005

さて、今回は宣言通りモンスターBOXを入手順に並べての序盤の振り返りです。

では、早速参りましょう。

IMG_5097

栄えある1体目のモンスターは『爆炎龍ティラノス』ですね。

スタート時に火・水・木の通称「御三家」と呼ばれるドラゴンから1体選ぶのですが、
私は火のドラゴンを選んだんですね。

最序盤はティラノスの「火属性の攻撃力が2倍」というリーダースキルのお世話になりました。
ティラノスをリーダーにして始めているプレイヤーは多いので、フレンドも確保しやすく、
フレンドの倍率を掛け合わせて「火属性の攻撃力4倍」というパーティーが組めるんですよね。

ただ、そんなお世話になったティラノスですが、未だに究極進化させておりません・・・。
素材はあるんですけど、進化させても活躍の場がなさそうなので・・・。
ティラノスさん、申し訳ない・・・。

次に来るのがリセマラでGETした『光カーリー』
まだプラスは振れていませんが、スキルレベルはもう少しでスキルマという所までは育っています。
ただ、以前にも書きましたが、彼女が活躍しはじめるのは、かなり後になってからでした。

そして4体目にいるのが『サツキ』です。
このサツキも光カーリーと同じく「ゴッドフェス」というイベント時にしかガチャで出てこないレアモンスターです。(通称「フェス限」)
実はレアなだけでなくメチャクチャ強いモンスターなのですが、
これまた序盤はコストの高さと「覚醒スキルの存在とその効果を知らなかった」ために、
冷遇され続けていました。無知とは恐ろしいものです。本当にすいません。
(覚醒スキル「2体攻撃」×3=通称「6way」の破壊力を知ってからは、押しも押されぬエースになりました)

で、その後は『エキドナ』『セイレーン』『カオスデビルドラゴン』『ヴァンパイアデューク』
と続きます。

ヴァンパイアデュークはサブとしての活用を想定して今は闇デュークにしていますが、
序盤は水デュークに進化させてリーダーとして活用していました。
水デュークのリーダースキルは、なんと「闇属性の攻撃力が3倍」という強力なもの。
フレンドも合わせると「闇属性の攻撃力9倍」に!これは大きいですよね。

この闇パーティーでノーマルダンジョン、テクニカルダンジョンを地道に進め、
魔法石を貯めていきました。

そして迎えた2回目のゴッドフェス(1回目はリセマラの光カーリー+サツキ)。

4列目左端のから5列目左から2体目までの7体が、2回目のゴッドフェスで入手したモンスターです。

順番に、

・アルレシャ
・明智光秀
・トゥバン
・クレイモア
・ツバキ
・オオクニヌシ
・ネフティス


ですね。

この時はいわゆる「裏カーニバル」は闇だったので、闇属性のモンスターが多いです。
これによって私のパーティーは、さらに闇属性に傾倒していくことになります。

当時はどのモンスターを育てればよいかもよく分かっていなかったので、
イベントなどで入手した貴重な「ノエルドラゴン」をアルレシャとツバキに突っ込み、
レベルMAXにしたはいいけど全然使わなかった、、、という勿体ないことをしておりました。

最近になってようやく水属性パーティーも育て始めたので、アルレシャはやっと日の目を見そうですが、
同じくようやく育て始めた火属性パーティーにもツバキは落選して未だに倉庫番です。
古株なのでいつか使ってあげたいのですが・・・。

しかし、改めて眺めてもいい「引き」でしたね。

変換役→サツキ、明智光秀、ヴァンパイアデューク
威嚇&エンハンス→オオクニヌシ
ドロップ強化&エンハンス→ネフティス

と、役割も揃っています。

序盤はテクニカルダンジョンではないので、バインド回復役も必要ありませんし。
ダメージ軽減役がいませんが、私はだいぶ後になるまで軽減役を軽視していたので、
特に不都合は感じていなかったというのが正直なところです。

どちらかというと高防御対策が欲しかったですかね。
曜日ダンジョンでの素材集めは、フレンドのシヴァやケンシロウのスキルに長い間頼っていました。

こうして序盤はこのメンバーのレベルを上げ、進化素材を集め、ランクを上げてコスト上限を増やす。
そしてコスト上限が上がったらモンスターを進化させて・・・という繰り返しでした。

色々と試した結果、

L:ネフティス
S:オオクニヌシ
S:明智光秀
S:ヴァンパイアデューク
S:セイレーン 


というメンバーを使うことが多かったですね。
オオクニヌシの方がリーダーとして倍率が出せるのですが、
6コンボ以上を安定して出せるパズル力がなかったので、
3属性同時消しでOKなネフティスをリーダーとして起用しました。
(なので、今日のトップの写真はネフティスにしています。)

そして、前述の通りサツキのポテンシャルを知らなかったため、
この段階では全く活躍させておりませんでした。。。
あの頃の自分に教えてあげたいところですが、もはや後の祭りです。

さて、だいぶ長くなってきたので、今回はこの辺で。

次回もBOX紹介からの振り返りになるかな?
早く現在までたどり着きたいところですが、まぁ焦らずいきましょう。
ではまた。