Freelance

さっきふと、「独立するってどういうことだろう?」と自問しました。

頭に浮かんできたのは、

『完全歩合制で働くこと』

という答え。

もちろん物事には色々な側面があるので、一言で全てを表現することはできませんが、この答えは「独立」という状態の一部を説明できているのではないかと思います。

完全歩合制は、厳しくもありますが、納得感も高いです。

完全歩合制だと、金儲け主義に走っちゃうんじゃないか、と懸念される方もいるかもしれませんが、もしそうなってしまったとしたら、それは自分がそれを望んだからです。
制度のせいにしてはいけません。

例えば、街の個人商店は、ほぼ完全歩合制だと思いますが、繁盛しているのは金儲け主義のお店でしょうか?
長く存続しているのは、一見儲かりそうになかったり、利益度外視に見えるくらい質やサービスが良く、お客さんや地域に密着したまっとうなお店が多くないですか?

お客さんは馬鹿ではないので、無理やり売りつけられても誰も買いません。

人が物を買うのは「欲求を満たしてくれるか、課題を解決してくれるか」
要するに、相手が価値を感じて、満足感を得られないと、売れないし、リピートしない。

完全歩合制だと、売れないとお金がもらえないので、売れるように頑張らないといけません。
それはつまり、お客さまにとって価値ある仕事をしないといけないということです。

逆に固定給制だと、色んな言い訳ができてしまいます。
売上はそこまで上がってないけど、お客さまには貢献している、満足度が高い、というのは詭弁です。
それは本業でしっかりお客さまに価値を提供できていない、お金をいただけるほどの価値を発揮していない、ということです。

なので、独立して完全歩合制で働いてみると、「価値」というものをシャープに見るようになります。

・・・ってなんだか完全歩合制は素晴らしい、みたいな論調になってしまいましたね。笑


そもそもなんでそんなことを考えていたのかというと、先ごろ「働き方改革」みたいな話が盛り上がってるけど、今の自分には無縁な話だなぁ、と思ったからです。

もちろんお客さまからのご期待という面はありますが、今は基本的には自分が働きたいだけ働けばいい。
サボれば業績が悪くなるからお金がなくなる。頑張れば売上も上がってお金がもらえる。
実にシンプルです。
大学生の頃、アルバイトにどれだけ入るかでバイト代が変わり、おこずかいが増減していたのに似てますね。

ただ、誰もがそういう働き方ができるわけではないですよね。

「労働力」ということで言えば、時間を最低賃金とトレードすることはできるのですが、それだと働いても働いてもそれほど生活が楽になるわけではありません。

そう考えると、仕事から得られる対価で生活を楽にしていくためには、時給を上げていかないといけない。
つまり、単位時間で出せる付加価値を上げて、その対価としての時給を上げていくしかないってことです。

「生産性」の議論はそういう所から出てくるわけですよね。

ただ、会社というものは、役割を分担して、会社全体で付加価値を出しているので、個々人の生産性を図るのは難しい。なので、通常は歩合制ではなく固定給にして、賞与という形で会社が出した収益を従業員で分け合うようにしているんですよね。

そうなると、一人ひとりの働き方、というよりは、会社全体の労働力、労働時間をどう割り振って、必要な業務、タスクを回していくか、という話になるんでしょうかね。

なんだかややこしく、私の範疇ではなくなってきましたので、あまり突っ込むのはやめておきます。


一気に話が跳びますが、自分一人で高い付加価値を出せる人は限られている(私も怪しいです)ので、会社や組織に属し、その力を借りて付加価値を出さないといけないわけです。
より大きな社会貢献、多くの人の役に立ちたいと考えているなら、なおさらでしょう。

つまり、自分が成し遂げたいことや自分の生活のために、会社の力を借してもらうわけですから、こちらも何かを提供しないといけないんですよね。

それが就業規則だったり、決められた労働時間だったり、上司と部下の上下関係に従うことだったりするのでしょう。
今の会社や仕事や上司に色々と不満があるかもしれませんが、一度、自分がそれらから得ているものも考えてみましょう。
その上で、「これは完全に不平等なトレードになっている」と感じるのであれば、転職を考えても良いのかもしれません。

なんだか話があちらこちらにいきましたが、今日はこの辺で。
それではまた。

今日の写真:Freelance / azkin