Money Bends TIme

時間を取るか、お金を取るか。

これは人生における究極の選択と言えるかもしれません。

もちろん、大富豪の家に生まれていれば、最初からお金も時間も豊富にあるのかもしれませんが、それはごく一握りの人。
私も含めた一般庶民は、社会人になると自身や家族の生活のために多くの時間を仕事に費やす必要があります。

社会人になる以前、学生時代は「時間はあるけどお金がない」。
社会人になると「お金はあるけど時間がない」。
という極端なバランスに陥りがち
ですよね。

欧米では、「バリバリ働き、高収入を得る」働き方と、「定時に帰れるけど、収入は低い」働き方との二極化が進んで久しいと言われます。(高付加価値な仕事と定型的な仕事、というイメージです)

これはある意味、「時間を取るか、お金を取るか」の選択に見えます。

従来の日本的な働き方は、「そこそこ働き、収入もそこそこ」みたいなイメージでしょうか。
ですが、転職市場でも人気が高いこの手の企業・求人は、確実に減ってきていますので、これからは日本でも「お金を取るか、時間を取るか」という選択を迫られることになるのかもしれません。

ちなみに最近流行りの「フリーランス」という働き方は、「お金より時間が大事」というタイプの人に選ばれる傾向がある気がします。
もちろん、「サラリーマンは会社に搾取されるのでアホらしい。自分が出した利益を直接得たい」といった理由でフリーランスを選ぶ人もいるでしょうし、「自分がやりたい仕事だけをとことんやりたい」という方もいらっしゃるでしょう。
ですが、「時間や場所の制限なく働ける」という点は、フリーランスという働き方を選択する大きな魅力として捕らえられているのではないでしょうか。

試しに「フリーランス 魅力」というワードでググってみると、

・いくつかの分野で活動できる
・年齢に関係なく働ける
・人間関係のストレスが軽減できる
・収入アップが見込める

といった声も挙がっていましたが、やはり大多数を占めたのは、

・仕事をする時間が自由
・仕事をする場所が自由

という「自由な働き方」に関するものでした。

実は私も今、時間かお金かという選択を迫られる機会に直面しています。

以前に書いた通り、今は子どもとの時間を最優先に考えているので、仕事の負荷は最小限に抑えたいのですが、お客さまからの期待を無下に断るわけにはいきません。
(というか、それなしにはやっていけません)

ありがたいことに、こんなマイペースで自分勝手な私にも、期待をかけてくださるお客さまがいらっしゃるので、そこにお応えするためにどれくらいのパワーを費やすか、ということを考えなければなりません。

仕事を一つ受けるかどうか、という単純な話ではありますが、独立するとそれが「自分の生き方」にも直結してくる重要な選択なのです。
しっかり検討して、悔いのない選択をしたいと思います。

今日の写真:Money Bends TIme / free pictures of money