morning

こんにちは。

長い、長い夜がもうすぐ明ける・・・のか?

私は、ここ数年、深い沼に潜っていたような気がします。

もちろん、会社も仕事もマイペースに継続していますし、昨年からは子育てにのめり込んでいたりと、アクティブな面もあります。
ですが、どこかしら表舞台を避けているような心持ちで暮らしておりました。

これまでの人生で、ここ数年間ほど、深く潜り、新しい出会いを避けて過ごしたことはなかったかもしれません。
要因は色々あるのですが、要は活力が枯渇していたんだと思います。

このブログを頻繁に更新していたのも2016年9月まで。
そこからは、たまに何回か書いてはまた沈黙する、という繰り返しでした。

ここ数ヶ月余、そんな暮らしに対して違和感や危機感が強まってきました。

「このままではダメだ。」
「のらりくらりと現状維持で生き抜けるほど、世の中は甘くない。」

そんな声が自分の内側から聞こえてくるようになりました。

以前にこのブログでも書きましたが、活動性が失われると、インプットが減ります。
そうすると、アウトプットの質も量も次第に低下してくるのです。

「まだまだ本調子ではないにせよ、ひとまず何かインプットしなければ。」

そんなことを考えていると、気づけばジュンク堂に足が向かっていました。

陽キャな方は、とりあえずいろんな人に会って話をするんだと思いますが、
私は陰キャなので、本でも読んで学びや気づきを得ようと思ったわけです。

そこで気になったのは、

(1)キャリアコンサルタントの資格に関連した本
(2)これからの生き方、キャリアについての本

でした。

(1)キャリアコンサルタントの資格に関連した本について。

私は長年、転職エージェントをやっています。
2016年4月にキャリアコンサルタントが国家資格となったので、資格をお持ちの方も多いと思いますが、私は「エージェントの実務にはあまり意味ないやろ」とたかをくくって、見て見ぬ振りをしてきました。

今でも、資格そのものや取得に向けて勉強する内容が、転職エージェントの仕事に直結するとは考えていません。
ですが、新しい知識・経験を得ることや、その過程で新しい世界・人に触れることは、今の自分にとってメリットも大きいのではないかと考えるようになりました。

今のところ、まだ具体的なアクションは取っていませんが、もしかしたら資格試験を受けるかもしれません。
去年までの自分では考えられない心境の変化です。
これはきっと良いことです。

(2)これからの生き方、キャリアについての本について。

最近感じていた危機感は、
「今の自分は、前職で培った経験・スキルや人とのつながりという無形資産の貯金を食いつぶしているだけなのではないか」
「このまま同じことだけを繰り返していたら、そのうち自分のスキルが陳腐化してしまい、食っていけなくなるのではないか」

というものです。

なので、そんな危機感が正しいのかどうか、確認したかったのです。

そこで手に取ったのは、『LIFE SHIFT - 100年時代の人生戦略』でした。

2016年に発売され、大ベストセラーになっている本なので、何を今さらという感じだと思いますが、
何せ2016年後半から潜伏していたもので、こんな大ベストセラーすら読まずに過ごしていたのです。
なにとぞお許しくださいませ。

※念のため、typeさんの要約記事もご紹介しておきますので、「ソレなんだっけ?」という方はどうぞ。
 10分で読める『ライフ・シフト 100年時代の人生戦略

で、読んでみたわけなのですが、のっけから大刺さりする内容のオンパレード

発売直後に読んでもピンとこなかったかもしれませんが、今の自分にとって非常に重要な考え方が随所に盛り込まれておりました。

本当に今読んでおいてよかった
そしておそらく10年後、20年後の自分は、もっとそう思っていることでしょう。

本の内容や、そこで感じたことなどを書き出すと長くなってしまうので、
それは次回以降に持ち越しますが、とにかく今は、
そろそろ長い眠りから覚め、再浮上しなければ、というマインドになっています。

最近ご無沙汰になっている皆さまとも、交流を再開したいなー、などと勝手に思っていますので、
お声がけいただけましたらとても喜びます。
(ここまで書いといて、そこは受け身なんかい!というツッコミありがとうございます)

それでは近々お会いできることを楽しみにしています。

今日の写真:morning / siarkowski